デイサービスを開業して社会貢献を|これからも需要が広がる

婦人

買い物を支えるシステム

レジ

POSは多くの小売業で導入されているシステムです。商品ごとに割り当てられたJANコードを利用して商品管理を行います。棚卸をしなくとも商品の売れ行きがわかるため、販売管理になくてなはならない仕組みです。

もっと読む

飲食店で成功する秘訣

ラーメン

ラーメン屋は日本でも人気のある食文化です。そんなラーメン屋を開業するためには、飲食業界に精通したコンサルティング業者を探すのが重要になります。支援会社との信頼関係を築くことが大切で、客層の構築や独自メニューの開発なども、成功のために必要です。

もっと読む

需要のあるビジネス

車椅子

法人格を有していること

デイサービスを開業するときにまず注意しなければならないのは、法人格を取得していなければならないことです。デイサービスは介護事業所の指定を受ける必要があります。そのために株式会社や合同会社の法人格を事前に取得しておかなければならないのです。株式会社であれば、約20万円の設立費用が掛かります。社会的に信用のある会社となります。資本金は1円から登記することができるようになりましたが、実態として運営するには300万円程度準備しておくことが望ましくなっています。合同会社は株式会社よりも安く立ち上げることが可能になります。認知度が低い分、信用度にかける部分は否定できませんが、最近では海外企業の日本法人がこの合同会社を利用している傾向が強くなっています。

適合条件を慎重に見極める

株式会社や合同会社以外にもNPO法人や社会福祉法人を立ち上げることも可能です。しかしNPO法人は、信用度が非常が高い反面営利を目的にしないなどの制限があります。また社会福祉法人も特別養護老人ホームなど用途に細かい規定があります。そのため厳しい監督下に置かれるなどのデメリットも存在します。デイサービスの開業は、立地がかなり重要な割合を占めることになります。競合他社に事業所が近隣に存在しないことや、高齢者が多く需要のある土地などのマーケティング活動を慎重に行う必要があります。またデイサービスを開業しようとしても結果として不適合になるケースもあります。そのため開業前に慎重に場所と建物を選択しておく必要があるのです。

宿泊業界での開業に不可欠

アメニティ

ホテルや旅館といった宿泊業界での開業を目指す際には、施設面や人員面とともに消耗品の手配も重要になります。アメニティグッズと呼ばれる消耗品の品揃えを豊富にすることが、利用客の印象度と集客アップにつながるのです。最近ではビジネスホテルでも女性客が増えており、女性目線のアメニティグッズ品揃えが重要です。

もっと読む