宿泊業界での開業に不可欠|デイサービスを開業して社会貢献を|これからも需要が広がる

デイサービスを開業して社会貢献を|これからも需要が広がる

男性

宿泊業界での開業に不可欠

アメニティ

豊富な品揃えが集客の秘密

ホテルや旅館といった宿泊業では、いかにリピート客を確保するかが安定経営に向けての重要な課題となります。そのためには宿泊施設としての印象度や快適度を高める工夫も欠かせませんが、そうした工夫は施設や従業員の接客といった面ばかりではありません。ホテルや旅館に備え付けてあるタオルや歯ブラシなどの消耗品はアメニティグッズと呼ばれており、この備品の使い勝手もまた利用客の印象度を大きく左右するのです。持ち帰り自由のアメニティグッズには多くの種類が数えられ、宿泊業のタイプによっても備え付けられる品が異なります。基本的な種類としてはボディタオルやフェイスタオル・バスタオルといったタオル類の他、歯ブラシや歯磨き・カミソリなどが代表的な例です。シャンプーやボディソープ・ヘアブラシなどに加え、ミネラルウォーターやコーヒー・緑茶といった飲料を備えているところもあります。こうしたアメニティグッズは品揃えが豊富なほど利用客にも喜ばれ、宿泊施設の評価も高くなる傾向が見られます。人気のホテルや旅館は部屋や入浴施設といったハード面の充実度もさることながら、節約しがちなアメニティグッズ1つにも気を配っているのです。

女性目線の品揃えも重要

集客アップのためにアメニティグッズを充実させることはもちろん有効ですが、一方ではコスト面も無視できない問題です。利用客を増やすために宿泊料金を安く設定しているホテルや旅館では、アメニティグッズの種類や品質にも制約が生じがちです。消耗品にどれだけ経費をかけられるかによって、購入するアメニティグッズの種類が決まってくる面もあります。経費が限られている中でも、工夫次第では利用客の印象度をアップさせることは十分に可能です。近年では多くの企業で女性の進出が目覚ましく、会社の命令を受けて地方に出張する女性社員の数も増えています。ビジネスホテルの利用客と言えばかつては圧倒的に男性が多かったですが、最近では女性客も少なくありません。アメニティグッズにも女性目線の品揃えを強化することによって、ホテルの好感度アップに結びつけられるのです。女性に喜ばれるアメニティグッズにはスキンケア用品や入浴剤・ヘアトリートメントの他、コットンやヘアブラシなどが挙げられます。ホテルや旅館を開業する際に宿泊業専門のコンサルタントを利用した場合には、そうした点でも適切なアドバイスを受けられるため成功の確率が高くなるのです。